今季終了。

12月の声が聞こえたと思ったら、予想以上の積雪でございます。

横手市では積雪が70cmを超えたとか。
豪雪で名高い横手市ですが、12月上旬にこれ程積もるのは初めてなんだそうです。
雪下ろしの事故など有りませんように、と願うばかりです。


さて、我が家の外遊びはナメコを採取した後もう一度キノコの様子をみて、お山は終了しました。
釣りは11月27日で納めまして、残すのは畑の大根ね~~とのんびり構えていたらこの雪!
どうしたもんかしら。。
このまま根雪になってしまったら春まで放置なんて事になるかも・・困りましたねぇ。


何とかお天道様が顔を出してくれますように。




これは11月26日の釣果です。だーりんサマはナマコしか釣れなかったので、このままでは終われない、と次の日も釣りに出かけたのですが、残念ながら小魚2匹だけでした。






ポートタワーセリオン前では連凧が見事に泳いでいました。









夕日も綺麗でしたよ。




来年もまた元気に山と海に行けますように^^




こちらは大根のガマズミ漬け。


毎年、冷凍保存するほど沢山のガマズミの実を採取出来ていたのですが、今年はあちらこちら探し回ってもほんの少ししか採取できませんでした。
野鳥のおすそ分けですから仕方がないですね。


綺麗な色で甘酸っぱいガマズミ漬け。美味しくいただきました。

菊芋

一年ほど前にスーパーで購入した菊芋ひと袋には、様々な大きさのものが詰まっていました。
大きなものはきんぴらやポン酢和え等で頂きましたが、小さなものをどうしようかと考えていたところ、すかんぴん様の記事に「小さいものは種芋に」と書かれていたので、春に冷蔵庫で保管した小さな菊芋を畑の隅に植えてみました。
特別な手入れも要らない、ほっといたら勝手に育つというので、これはもう我が家にうってつけだったんですねぇ。


仕事を怠ける事を、秋田では「ひやみっこぎ」と言います。



我が家は正に「ひやみっこぎ」なんですね。手が掛からないのは願ってもない事^^
植えっぱなし。育ちっぱなし。最高じゃぁないですか!
夏の終わり頃にはひまわりを小さくしたようなかわいい花が咲きました。
台風で倒れましたけど、それでもめげない丈夫さでした。


先週、すかんぴん様が菊芋を収穫したという記事を見て我が家も収穫しました。






小さなものは来年の種芋用に保存。




去年はこの半分位の量を種芋にしたんですよ。


ほんの少しの種芋から沢山収穫できたのはとても嬉しいですね。




すかんぴん様、ありがとうございました  m(__)m

菊水 辛口

お久しぶりのひとり酒。





本日は、新潟県新発田市 「菊水酒造」の菊水辛口。
いわゆる、アル添のお酒なんですが、いつも変わらない風味が好きですね。
スッキリとした後味で、お値段も4合瓶で¥900とお手頃。嬉しいですね^^

アルコール添加を嫌う方も多いようですが、貧乏口の野良猫主婦としては、身の丈にあったお酒なんですね。
しかも、秋田の同じ種類の同じ様な値段の酒と比べてもかなり旨いです。
必要以上に米を削ったり、加温熟成なんかしてみても所詮敵わないな~と感じます。
奇をてらうより、まずは米本来のふくよかさを醸してもらいたいものだな~と思う野良猫主婦でした^^



さて、おつまみは
塩辛(市販品)、ホタテのヒモ(ボイル)わさび醤油、親鳥のもつ煮。
昔から、キンカンが好き~~♡
甘辛く煮たキンカンが有れば、ず~~っと飲めちゃうのね。
あ、勿論飲みすぎはいけません。


節制しながらのひとり酒。



今夜も美味しく頂きます^^

終われない~~

6日、前回残した小さなナメコを予定通り採取しにでかけました。









良い感じに成長してましたよ^^
このナメコを採取したら今年の我が家のキノコ採りは終了。。。のハズでした。
でも、見つけてしまったんです。




エノキタケの幼菌です。更には別の場所でほんの少しですがナメコの幼菌も発見しました。
これでは終われない~~。
我が家の山納めは来週に延期されました^^



チャナメツムタケも今が盛りのようで、沢山採れました。




ハナイグチもいい感じですね。




毎年冷凍庫にはクリタケ、ナラタケ、アミタケが詰まっているのですが、今年はナラタケもアミタケも不作だったので、
試験的にシモフリシメジ、ハナイグチ、チャナメツムタケを生のまま冷凍してみました。
お正月のお雑煮に使ってみるつもりです。




さて、お山は紅葉を過ぎまして降葉に突入しております。











8日は「立冬
ファンヒーターが稼働し始めました。
我が家の寒がり男子は”簡易こたつ”と称して、毛布に包まっております。
そんなに寒いのかい・・・と思うけれど、まぁ、寒いんでしょうねぇ。




「あと3ヶ月で”立春”よ」と励ます野良猫主婦でした^^

いよいよ、終了?

寒くなって参りました。本日の予想最低気温は何と5度!
ファンヒーターの動作確認もしまして、冬へとまっしぐらでございます。
それでも、日中は天気が良いのでお山へGO~~


我が家的には終盤となるキノコが採れました。


ナメコ







小さいものは残してきました。6日にまた行ってみるつもりです。
うまく成長していれば良いのですが・・



終盤のキノコはもう一つ。
シモフリシメジです。







秋田ではそんなにメジャーなキノコでは無いのですが、県南では”ギンダケ”と呼ばれている貴重なキノコの様です。
ネットの販売価格は100g¥1000とか。。ホントかな。。






かなり採れましたよ。¥4~5000分位は有るかな^^
あ、勿論販売はしませんけれどね。

県南出身の友人はこのシモフリシメジを使ったキリタンポが大好きなので、早速おすそ分けしましょう。




シモフリシメジの近くの切り株には沢山のクリタケが発生してました。







ハナイグチ(別名 ラクヨウ)もこれからなのかな。育ちすぎたものからまだ小さいものまで有りました。











6日に、残してきたナメコを採取出来たら我が家のキノコは終了します。
もし採取出来なくても、強制的に終わります。寒がり男子さまがギブアップですから^^
私一人では行けませんので、ここは譲ることにします。。








駐車場脇で見つけた四葉のクローバー






皆様にも良いこと有りますように~(^^)

相変わらず。

およそ20日ぶりの更新でございます。


決して、病気だとか入院してただとか、そんなことは有りません。
まぁ、たとえそうだったとしてもここに書きはしませんけれどね。。



今月の野良猫夫婦は、相も変わらず天気のいい火曜日は釣り、それ以外は畑と山。
畑は、キュウリ、トマト、インゲン、オクラは撤収しまして、ズッキーニ、ピーマン、菊、大根そしてすかんぴん様からブログで教えていただいた菊芋を残すのみとなりました。
秋田はここの所最低気温が一桁の日も有りまして、冬の足音が日増しに大きく聞こえるようになりましたので、残りの野菜を撤収する日も近いかな~と思ってます。


来年収穫予定のタマネギとニンニクはすでに植え付けをしましたので、我が家の冬支度は間もなくでしょうね。。






☆~~~~~☆~~~~~☆~~~~~



キノコは例年に比べれば少なかったですね。冷凍庫が活躍する程の収穫は有りませんでした。
これから期待できるキノコも有りますが、どうでしょうね~~



クリタケ(成菌)




クリタケ(幼菌)





ムキタケ







これは、ヒトヨタケの仲間かな。たぶん不食





かわいいぞ。。
もしヒトヨタケだとしたら、一晩で消えてしまうキノコなんですね。
この綺麗な姿に出会えたのはとてもいいタイミングでした。


残念なことも有るけれど、素敵な出逢いもあるお山はいいね♪





我が家のキノコ採取はナメコ、シモフリシメジで終わります。
来週辺りはそろそろナメコかな。
去年採取した場所でまた会えたらいいね。

カワハギ~♪

8日、前日の天気予報がちょっとだけハズレて、午後はお日様が顔を覗かす程度に晴れましたので、
中島埠頭へ釣りに出かけました。かなり強い向かい風で、停泊していた大きな船を風よけにしながらおよそ1時間半。
そこそこの釣果でした。

豆アジ大漁、チビ鯛少々。







そして、17cmのカワハギ2匹^^




15cm程のアジが4匹釣れたので、カワハギと一緒にお刺身にしました。







カワハギはフグの仲間でシャキッとした白身に上品な旨味が感じられる魚ですが、何より美味しいのは肝。
包丁で叩いて肝醤油で頂く刺し身は絶品でした。



たくさん釣れたチビアジはスプーンで内蔵を取り、ゼイゴも頭も付いたままで唐揚げにして南蛮漬けにしました。


天気のいい日は5時間位釣りをしていますが、これ程の釣果がない事が多かった野良猫夫婦。
雨のやみ間にちょっと出かけて1時間半でこんなに釣れるとは・・
これからは効率のいい釣りを目指して、がんばろー^^





☆~~~~~☆~~~~~☆~~~~~



キノコもいい感じで採れています。




解りにくい写真で申し訳ございません。
この日は、3箇所を廻りまして10種類のキノコをゲットしました。


アミタケ、ハタケシメジ
シロヌメリイグチ、ハナイグチ
ナラタケ、センボンシメジ
クギタケ、オオギタケ
カノシタ、ササクレトヨタケ。



センボンシメジは今季最後ですね。また来年もここで会えたら嬉しいですね。






サクレトヨタケは1本だけ。キリタンポみたいな形。







残念なキノコも有りました。




立ち枯れた木に沢山発生していたナラタケ。(我が家ではオニナラタケと呼んでいます)






傘の裏が白いものだけを選んで少しだけ採取しましたが、なんとも残念です。
毎年アタリを付けてポイントを廻りますが、ほんの2~3日ずれただけで採取不能になってしまう、
キノコは秋の夕暮れみたいにあっという間なんですね。




ナラタケは数年前毒キノコに認定されたようです。
キノコは毒の有無に関わらず、食べすぎや調理法の間違いから食中毒を起こす場合が有ると思います。
また、心情的な中毒も存在します。
怪しげなものは勿論、不安な気持ちが体調を崩す元にもなりかねません。
キャンプなどで「本で見たキノコに似てる」とか「テレビで見た」とか「たぶん大丈夫」とかで安易にキノコを食べないで下さい。

例えば、「マツオウジ」は汁物や炊込みご飯は大丈夫でも、網焼きだと中毒するようです。
お酒と一緒にたべたらダメというキノコも有ります。
くれぐれも気をつけて、山遊びを楽しんで頂きたいと思います。